小田原F.B.C.ロゴ トップ 一覧 検索 RSS ログイン

たかちゃんの釣り日記

たかちゃんの釣り日記29

平成29年2月20日、予報では春の嵐になると言っていました。
しかも今日釣りをする予定の時刻がちょうど嵐の予報です。
ただ、夜には雨が上がると思われたので、同行するA氏はやる気満々です。

さて、こんな天気で場所はどうしようか?
まあ、いつものパターンで釣りのできそうな場所を探しながら、伊豆方面へ向かいます。

風は西または南西寄りでかなり強く、この風の影響が少しでも小さい場所を探してたどり着いた所は富戸の港横でした。
何度も来ている富戸ですが、この港横は初めてです。
到着時は雨風ともに強く、ほぼ台風の状態。
車から降りることもできないほどでした。

ようやく雨が上がったのは夜の7時頃だったと思います。
待っている間ずっと暇だったので、いつもは釣り座を決めてから作る仕掛を先に作っていました。
でもこれがあだになるとは…
釣り座に向かう途中、濡れた石に足を取られこけてしまい、竿先を折ってしまいました。
皆さん、移動中は竿のトップカバーを付けましょうね。
いつもお客様に言っていること、まず自分が実行しなければ…反省。

A氏に予備の竿を借りて再び仕掛を作り直したり、もたもたしている間、A氏はすでにメジナをゲットしていました。
ようやく私も釣りを始めてみたものの、強い風の影響で、ウキを投入しても川で釣りをしているみたいにあっという間に流されてしまいます。
6投目くらいでしょうか、糸を張っていたせいもあって、竿に直接ガツンと当たりがきました。
メジナです。
後で計測したら34僂任靴拭

続けとばかりにウキを流していると、糸ふけのせいか根掛かり。
ウキを失くしてしまったので、仕掛を作ってしばらくやっていると、今度は道糸が絡む。
途中再び雨が降ってくるわ、吹きっ返しの風があまりにも強く、立っているのがやっとの状況で、とにかくトラブルが続出。
まだエサは十分余っていましたが、ここで終了です。
釣りをしていたのは、実質30分くらいでしょうか。

A氏はというと、最初に釣ったメジナは計測すると41僉後いつの間にか釣っていた30僂らいのカサゴ1匹。
さすが、トラブルもなく、こうした面から実力の差を感じますね。

釣り場の富戸ですが、今シーズン釣果は絶好調です。
富戸周辺のどの磯でも良い釣果報告が出ています。
2月でも日中から40僖ーバーを複数釣ることも珍しくありません。
嵐のような日でも釣れるんだから、想像できますね。
まだ寒い日も続くので、エサは解凍予約した方が賢明ですよ。

たかちゃんの釣り日記28

毎度毎度謝ってから始まるこの日記。
久々の更新で申し訳ありません。
根気強くこのページを見て下さっている皆様、本当にありがとうございます。

実を申しますと、2〜3週間前に網代の堤防に行きカゴ釣りをしましたが、何も釣れず何も情報を得られなかったため、日記には記しませんでした。
他の釣り人たちも釣っている様子がなく、雨も降ってきたことから、早々と皆さん引き上げていきました。

それでは本題、平成28年6月30日(木)恒例の初島へ行ってきました。
今回はA氏とふたりでの釣行です。
天気は曇り、風・波ともに全くない絶好の釣り日和です。
初島行きの最終便の船から次の日の始発便で帰るまで、終始絶好の状況でした。

初島に到着後、私はカゴ釣り、A氏はサビキを始めました。
しばらくしてA氏がカゴ釣りに変更し第1投、何と早くもイサキが釣れました。
しかも30僖ーバーとサイズも良型です。
「それ、私が入れてきたコマセで釣りましたね」とA氏には言いましたが、これって結構ありがちですね。
以降、A氏も私も、入れ食い状態にはならないものの、飽きない程度に順調にイサキは釣れてきます。
サイズはバラバラで、ウリ坊からイサキと呼んで良いものまでいろいろでしたが、夜釣りとしては非常に良型と言っていいでしょう。

私はいつものように夜9時までは真鯛狙いでしたが、今回は空振りでした。
チャリコすら全く姿を見ませんでした。
外道も少なかったですね、私がサバなど、A氏はスミヤキなど数本程度で、釣れてくるのはほぼイサキでした。

今回まさかこれほど釣れるとは思っていなかったので、クーラーを1つしか持っていかず、夜10時を回る頃にはクーラーがいっぱいになってきてしまいました。
仕方なく小さいものはリリースするなど、ちょっと失敗でしたね。
A氏も私も次の日は戻ってすぐ仕事となるため、まだ釣れ続けていたにもかかわらず、夜1時頃に睡眠をとることにしました。

さあ、これまであまり釣果の挙がらない朝の時間帯、私より前に目覚めて釣りを再開したA氏はイサキをすでに2つ釣っていました。
真面目に一晩中続けていたら、ずっと釣れていたかもしれませんね。
でも、やはりいつもの朝がやってきました。
私が再開するころには、何も釣れなくなり、私はそのまま終了。
A氏は大イサキか?と思われた強い引きがあったものの、残念ながらアイゴでした。

結果、イサキふたりで30匹以上、持ち帰ったものがそのくらいで、リリースは含んでいません。
30僖ーバーは7匹くらいでしょうか。
型・数ともに良い結果でしたね。



今シーズン、東伊豆方面でのイサキの釣果がパッとしない中、ここ初島は好調と言えるでしょう。
今年いい釣りしてないな、と思っている方、初島に行ってみてはいかがでしょうか?

たかちゃんの釣り日記27

いつもながら、久々の更新で申し訳ありません。
お客様からこの日記を楽しみにしているとおっしゃっていただけること、感謝しております。

今回のターゲットはメジナとヘダイです。
ヘダイ釣り?ピンと来ない人も多いと思いますが、近頃スーパーでは「シロダイ」と書いて売られているそうです。
形は黒鯛、色は少し黄色がかった銀色の魚です。
以前から伊豆での磯釣りでは釣れていましたが、多くの人が持ち帰らずにリリースしていました。
近年ここ小田原の定置網にも入るようになり、食した人いわく、癖もさほどなく美味しく食べられるそうです。
狙うとは大げさですが、もし釣れたらキープという意味です。
ちなみにA氏のご希望です。

平成28年2月18日、曇りで風も波もなく、絶好の釣り日和です。
メジナ釣りには多少波があった方が良いくらいですが、もし釣れなかったら天気のせいにはできそうもありませんね。
今回は珍しく場所を決めて出発しました。
A氏・F氏そして私との3人で釣行となりますが、昨年A氏と私で初めて行った実績ある所で、F氏にも紹介したかった富戸のボラ納屋です。
曜日にもよりますが、車も近くに停められ、風や波で他の釣り場では厳しいときにも釣りができる可能性が高いので、知っておいてほしい場所です。

到着後、早速海の様子を見てみると、途中そうであったのと同様、大変静かな海です。
海というより湖ですね、これは。
3人それぞれ釣り座を構えて、釣り開始してしばらくしたところでF氏が何かを釣りあげました。
キタマクラです。
皆さんご存知でしょうが、ふぐの仲間で血や内臓に強い毒をもっていて、特にこの時期エサ取りとして有名ですよね。

1時間半ほど経過したところで、A氏から移動の提案がありました。
ずっと魚の反応がなく、波が静かすぎて釣れる気がしなかったからです。
ということで、再び車に乗り込み網干場近くのゴロタに向かいました。

こちらのゴロタ、先ほどとは向いている方角が違うとはいえ、わずか数分の移動でここまで変わるかと言いたいほど波が高くて、しばし立ち尽くしていました
。 湖みたいな海よりは良いだろうと始めてみましたが、際ではとても勝負できません。
遠投して探っていきます。
初島の夜釣りより遠投しているのでは?というくらいなので、当然コマセも効果が期待できません。
探ってはみたものの、ウキが落ち着くところも見つからないまま時間が過ぎていきます。
F氏は再び移動していきましたが、粘って釣った人を何度も見ているので、せっかくコマセも入れてきたし、同じ場所で頑張ることにしました。

こんな状態ではウキが破損したり普段あまりないトラブルも発生、結局何も釣れないままコマセがなくなり終了。
完全ボウズ…いつ以来だろうか、やはり悔しいですね。
読んでいただいているお客様の釣行の参考になれば、とたまに綴っているこの日記ですが、反面教師的なものにもなっているのかも。
どう捉えていただいても構いませんので、懲りずにまた読んでくださいね。
今回のように例え結果が散々だったとしても、これまで通りご報告がてら日記に記していくつもりです。

ちなみにF氏はメジナ37僂らい1枚、A氏は30cmくらいのカサゴを2枚釣っていました。
抜け目がありませんね。
運?腕?悔しいけど当然後者でしょう。
よーし、次は釣るぞ!


たかちゃんの釣り日記26

平成27年7月9日、実は前週の2日に釣行を計画していましたが、天気・風・波すべての予報がおもわしくなかったため、この日に仕切り直しすることになりました。
しかし、この日も特に南はるか沖にある台風からのうねりが強く、低い磯や砂浜ではまず釣りができる状況ではありません。
ただ、この日を逃すと次の予定がまったく立たなかったため、思い切って出発することにしました。
状況次第では最悪、何もせずに帰ってくる覚悟もしていました。

毎日続いている雨はこの日もしつこく、結局深夜まで降ったり止んだりの繰り返しでした。
べたべたと湿気が非常に多く、降っていないときもどこもかしこも常にびちょびちょでしたが、ざっと強く降ることがなかったのは幸いでした。
こんな天気でどうかと思いましたが、この時期やはり一度は訪れたいのが初島です。
かつてまったく釣りができずに帰ってきたこともありましたね。
賭けだと思い、船に乗りました。

風はさほど吹いていないのか、船からみる海面は静かです。
ただ、うねりが強いため久々に船に酔いそうになるくらいでした。
到着すると、堤防に数人の釣り人がいたので、釣りはできそうです。
堤防の一部では工事の関係か何かわかりませんが、釣りのできないところがありました。

今回はひとりでの釣行だったので早速準備を始めると、後方から、バチッと大きな音がして驚きました。
他の釣り人が竿を折ったのかと思いましたが、聞いてみると道糸が切れたとこのと、シイラをかけてあと一歩のところで切れたそうです。
シイラが近くにいることは、私のように真鯛やイサキを狙っている者にとっては良いとは言えません。
案の定釣りを始めて2時間くらいは当たりもなく、ネンブツダイが1匹付いてきただけでした。

ようやく釣れ始めたのは午後8時をまわった頃でした。
ウキが消し込む感じではなく、ゆっくりと沈んでいく感じです。
イサキです。20僂△襪ないかのウリ坊でした。
坊主は逃れましたが、この後もポツリポツリと釣れる状態で、ウリ坊なのに数釣りもままならない感じです。
やはりいつも2〜3人でコマセを入れているのとは違い、魚が留まってくれませんね。
釣れるイサキも30僂鯆兇┐襪茲Δ蔑彪織汽ぅ困呂△蠅泙擦鵝
途中何度か良い引きのものがありましたが、小さなスミヤキでした。
バラシも何度かあったのですが、ハリスを切られたりしていたので、おそらくそれもスミヤキだと思われます。
深夜午前1時、この1時間何も釣れなくなったので、休憩し睡眠をとることにしました。

目が覚めた午前4時頃、雨はあがったようです。
深夜も気になっていたのですが、足元に切れた海藻などのゴミが次々に流れてきて、巻き上げるたびに絡まって非常にやりにくい状況です。
ただ、早朝は釣りには良い時間帯なので、チャリコでもいいから赤い魚を狙ってがんばりましたが、何も釣れませんでした。
本来良しとされるこの時間帯、どうも苦手ですね。
一度もないとは言いませんが、ほぼ良い思いをした試しがありません。
何がいけないのでしょうか?
今後の課題ですね。

で、結果ですが、イサキ(ウリ坊)8匹 でした。
他の釣り人はアジを釣っている人がいましたし、イサキと呼べるサイズのものを釣っている人がいました。
ちょっと悔しい釣りになってしまいました。
持ち帰ったウリ坊はすべてフライにして家族で食べました。
すべてメスで卵をもっていました。
7月中はまだ釣れると思います。台風に邪魔されなくなれば、ですが。


たかちゃんの釣り日記25

平成27年6月18日、いよいよこの季節がやってきました。
当店近くの米神堤防でもイサキが釣れはじめ、カゴ釣りシーズンが本格的にスタートしました。
朝は曇りで時々晴れる絶好の釣り日和ですが、予報だと夕方から雨、さらに北風も強く海も悪くなるとのことでしたので、予定していた初島はあきらめ、別の場所を検討しました。
風に吹かれても後ろからになるようなところ、そして大雨になった場合にすぐに避難できるところ、で相談した結果、沼津の静浦堤防に行くことにしました。
かつては小田原から車で1時間15分くらいかかり、遠く感じていたところでしたが、伊豆縦貫道ができたことにより、1時間ちょうどで到着しました。
とても気軽に来られる場所になりましたね。

正直、静浦についてはお客様からの情報が多少ありましたが、実際釣りをするのは初めてです。
静浦堤防到着後、早速A氏がカゴ釣りをしている人から話を聞いたところ、軽く投げたところでも水深30mほどで、この日は何も釣れていないとのことでした。
紹介を忘れていましたが、この日一緒に釣行するのはおなじみのA氏です。
到着時、雨は降っていませんでしたが、静浦に向かう途中では所々路面が濡れていて、いつ降ってもおかしくない天気でした。
予報もよくないので釣り人もまばらで、堤防のどこでも釣り座が組める状況でした。

私たちは周りに人のいない海に向かって右側の中間あたりで釣り座を構え、雨が降る前に釣りを始めました。
とはいえ、初めての場所なので、まずは棚を探ることからです。
私は20mから探ることにしました。
A氏は30mから探りましたが、30mだとウキが立たないので、徐々に浅くしていきました。
ただ、これだけの深さを正確に探るのは非常に難しく、20m30mといってもかなりアバウトです。
また、棚を変える際も正確に測れず、ウキ止めを動かすことも少々厄介な作業です。

この日聞いたとおり魚の反応はなく、夕方の一番良い時間にもかかわらず、ウキに当たりもなく、付け餌もそのまま残ってくることがほとんどでした。
ふたりともです。
雨も降りだし、風もあって、時々かなり強く吹く予報通りのコンディションの中、釣りを始めて2時間くらいたったころでしょうか。
ちょっとよそ見している間に私のウキがないことに気付きました。
合わせてみると、引きはまずまずの強さ、底に向かって突っ込む感じだったので、青物ではなさそうです。
慎重に巻き上げていくと、最後までぐんぐんぐんとひっぱるため、メジナかな?
A氏はアイゴを予想していました。
いよいよ姿が見えてくると、ちらりと赤く見えました。
真鯛です。
本命中の本命が久々にきました!
抜きあげることも可能でしたが、慎重にA氏にたも網ですくってもらい、ゲットしました。
棚はアバウトですが20m、まだ明りの残る18時40分ころでした。

悪天候にもかかわらず、俄然やる気が出てきましたが、続けてとはいきませんでしたね。
またしばらくウキに当たりすらない時間がやってきました。
A氏に当たりがありましたが、小サバでした。
私はネンブツダイを2匹釣りましたが、当たりがあったわけではなく、巻いてきたら付いていたというものでした。

夜9時以降はエサ取りの魚すら釣れないため、予定していた12時より早く11時には竿を収めることにしました。
いろいろな面で、厳しい釣りになりましたね。
ただ、収穫もいくつかあったので、いずれまたここで挑戦したいと思います。

唯一のお持ち帰りは、44僉1.2圓任靴拭


たかちゃんの釣り日記24

平成27年3月12日、2日間風が吹き荒れ今日は良くなるだろうと期待していましたが、この日も朝から強い西風。
いつでも行かれるなら、わざわざこんな日を選んで釣りにはいかないのですが、2週間前予定していた釣行が大雨で流れていたため、なるべく風の当たらない場所を探して行こうということになりました。
釣りが少しでもできれば良し、ドライブだけになる可能性も高いながら、A氏とふたりで出発です。

さて、今回はウキフカセ釣りでメジナ狙いです。
地磯で40センチオーバーが目標ですが、今は3月。
小田原市内の地磯では少々厳しいと思われるため、熱海から順々に強風でも釣りができそうな場所を探しながらたどり着いたのは富戸でした。
すでに釣り人が3人いましたが、3人ともカゴ釣りをやっていました。
A氏が尋ねたところカゴ釣りでも釣れるのはメジナとのこと。
ゴロタなので私たちの釣りにも最適な場所ですし、ここなら風を避けて何とかできそうです。

釣り始めたのはもう夕方5時頃だったでしょうか、間もなくA氏がフグを釣りました。
A氏は30センチくらいのカサゴも2匹次々に釣り上げていきました。
周囲が真っ暗になり、いよいよメジナの時間かと思っていたとき、再びA氏に良い当たりが!
本命のメジナです。
私はというと、エサが取られることもほとんどなく、完全ボウズ。
水温も低いのか、ネンブツダイなどのエサ取りは最後まで1匹も釣れませんでした。

ただ、何度かエサが取られるときにメジナらしき気配を感じていました。
食いが渋いと思われたので、微妙なウキの反応に即あわせてみると、ついに私にも良い当たりがきました。
35センチくらいでしたが、本命のメジナです。
久々のこの引き、やはりいいですね。

A氏はちょこちょこ場所を移動しながら、しかしその度メジナを釣り上げていました。
普通は釣れる場所を移動しないものですが、皆さんは真似しなくても良いですよ。

暗くなってからは風があちこちから吹く状況で、いつもは釣れないパターンですが、この日は違っていました。
食いが渋く、すっぽ抜けも何度かありましたが、微妙な当たりをやや早合わせ気味にすると、さらに2匹釣り上げました。
だいぶ調子が出てきて、この日3匹目を取り込んでいるとき、アクシデントが!
エサが少なくなり軽くなったバッカンが何と強風で海の中へ飛んで行ってしまいました。
A氏が急いで対応してくれたので、道具はすべて回収できましたが、エサは残念ながら空になってしまいました。

A氏も道具のトラブルがあり、この日の釣りはここで終了となりました。
結果、私はメジナ3匹、A氏はメジナ4匹カサゴ2匹でした。
ノッコミの最中のようで、白子が出てくるメジナもいました。

3月も半ばというのに、今年はまだまだ釣れそうですね。
何といってもメジナの引きは最高です。

たかちゃんの釣り日記23

平成26年7月8日(火)、テレビでは沖縄に近づく巨大台風8号のニュースがトップニュースで10分くらいの時間を割いていて、警戒ムード一色です。
東名高速の由比では波がかぶっているため、下り線が一部通行止めと言っています。
こんな中、海へ釣りに行くなどバカだけと思う人も多いはず。
この日来店くださったお客様の話だと、大磯・二宮はとても釣りができる状態の波ではないが、酒匂川を越えるといつもと同じ海とのこと。
実際ここから見える波もいつもと同じ。
帰りの船が出るかどうかが唯一の心配事ではありましたが、そこまでではないだろうとの判断から決行することにしました。
今回も初島でカゴ釣り、A氏は仕事で欠席のため、F氏とふたりだけの釣行です。

熱海まで向かう途中はずっと海岸沿いの道で海を観察していると、うねりはなく、風波が少々ある程度で今のところ全く問題なさそうです。
船に乗ると、驚くほど波は静かです。
何度も初島に行きましたが、かなり静かな方です。
島に到着すると、釣り人が誰もいない…
こんな時に来るのは、やはりバカだけだよな〜。

ここでふとあの日のことがよみがえりました。
あの日とは、数年前初島にひとりで来た時、絶好の釣り日和なのに、日中堤防にいた釣り人が全員帰ったときのことです。
なんで?と思って帰る人に聞いてみると、これから風がかなり強くなる予報だからと言っていました。
島だから風はあって当たり前なのに。
逆に広々できてラッキーくらいに思っていました。
ところが、最終便が去ってすぐ、まだ準備もこれからというときにものすごい強風が吹き荒れてきました。
さすがに釣りにならず、翌朝残念な気持ちで帰ったことがあったのです。

まさか、またあのパターン?と少々不安になりました。
ただ、前回まさに爆釣だったので、数釣るより少ない時間でも大本命をきっちり狙いたいと思っていました。

まず、F氏に当たりが!
といってもウキを消し込む当たりではなく、何か付いているという当たりで、案の定ネンブツダイでした。
今回はエサ取りが多いかもしれません。
前回のようなことはそうめったにあるわけないですからね。
しばらくして私にも当たりが!
小サバでした。
小田原にもいっぱいいる小サバ、ここにもいっぱいいそうですね。

エサ取りと遊んでいるうちに、暗くなったため電気ウキに交換すると、前回と同じようにイサキが釣れ始めました。
入れ食いとまではいきませんが、順調に釣れてきます。
5匹くらい釣ってから、私は大本命・真鯛に絞って仕掛をチェンジします。
大げさに言ってますが、実は仕掛はそんなに変わらないんです。
でも、不思議とそのちょっとの差で真鯛が釣れるんです。
これは本当です。
ちなみにいつもはイカなどに浮気しているF氏は今回はカゴ釣りの道具しか持ってきていないそうで、カゴ釣りに本腰を入れています。
みんなそれぞれ価値観が違うから、勉強にもなるし、何より楽しいですね。

F氏は真面目にこつこつとイサキの釣果を伸ばす中、私は結局夜9時までにチャリコ(小鯛)1匹でした。
イサキは釣れるのですが、大きな型は見れず、少々だれ気味に釣りをしていました。
贅沢ですよね。昨年に比べればずっと良いのに。

深夜12時ころになると、イサキはパタっと釣れなくなりました。
時折雨がポツポツ降っていて、粘っても釣れないので、まず私が長期休憩に入りました。
F氏も休憩し、朝を待ちます。

朝、風と波はどうかというと、昨日と同様全く問題ありません。
本当に台風がこれから来るの?と疑うほどです。
島の漁師の方々もいつもどおり漁に出掛けていきます。
朝は当たりすらないときも多い私ですが、この日は違いました。
といっても、釣れたのは小鯛以外はエサ取りのみ。
本日1番の引きもアイゴでした。
かなり引っ張るんですけどね。何せ毒魚ですから。
F氏も朝はこれといった釣果はありませんでした。

結果、ふたりでイサキ30匹、小鯛2匹。
イサキはほとんどF氏が釣ったといって過言ではないでしょう。
ちなみにイサキは8割はメス、2割がオスでした。
おそらくまだもう少し数釣りができるでしょう。
毎日夜も混雑していると聞きますが、行く価値はありますよ。
あと、朝漁師さんがシイラを釣っていました。
シイラが多いと釣果に影響が出るかもしれません。


たかちゃんの釣り日記22

平成26年6月17日(火)、この時期らしい湿気たっぷりの曇り空。
晴れていたら、きっとものすごく暑くなりそうな陽気ですが、外で釣りをするのにはちょうど良い天気です。
5月下旬から釣り仲間のA氏とF氏の3人で一緒に釣行するために、お休みの調整をしていましたが、この日ようやく実現しました。
これが吉と出ますかね?

久々に更新するこの釣り日記、お読みいただいている皆様に永らくお待たせいたしまして、お詫び申し上げます。
気が向きましたら、また読んでください。

さて、この季節はいつもの初島…と素直に言いたいところですが、実は昨年の台風で初島の第一堤防が崩れたと聞いていたので、初島は回避することも考えました。
第一堤防が崩れたことで、一時は第二堤防に船が接岸していたのですが、仮の橋により機能が戻り、数か月前からは第一堤防に船も接岸するようになったそうです。
お客様からの情報で、堤防先端では釣りができるものの、工事のため一部釣りができないところもあると聞いていました。
実際どんな状況なのか、この目で確かめたいですよね。
ダメなら第二堤防でも釣りをするつもりで、初島に出発しました。

最終便で島に渡って見えてきたのは、たくさんの釣り人でした。
この船に乗る準備をしていない人は、夜釣りもやるのでしょう。
やはり堤防先端では釣りをするのに支障はないようです。
堤防の崩れた付近では、立入禁止の区域もあり、一部釣りのできない場所がありました。

私たちは最近行っていない第二堤防を見に行くことにしました。
釣り人はいませんでしたが、風向きによってはこちらで釣りをするのも良いかもしれません。
秋〜冬にかけては、フカセ釣りの人たちはよくここで釣座を構えていますね。
この日は第二堤防では向かい風だったので、結局第一堤防で釣りをすることにしました。
いいお散歩にもなりましたよ。

釣りもせずにお散歩していたので、竿を伸ばすときにはすでに電気ウキを使う時間になっていました。
2,3回投げた後、早速当たりが!
やや小型ながらイサキです。
私だけでなく、A氏とF氏もイサキをゲットしていました。
紹介を忘れていましたが、今回もこの3人でがんばります。
時間は19時すぎ頃でしょうか、ちょうど辺りが暗くなってきたときです。
このときは、まさかあんな結果になるとは夢にも思いませんでした。

全員ボウズは免れてほっとしていると、次もまたその次も当たりが!
すべてイサキです。
こんな状況が続き、気がつくと、夜9時の島内放送が聞こえてきました。
そうだ!忘れてた!私の本命は真鯛なのに、イサキにすっかり気を取られていた!
それでもイサキはずっと釣れています。
大きさは中から小までですが、ずっと釣れています。
エサ取りで有名なネンブツダイを始め、イサキ以外は何も釣れません。
こんなことは珍しいですね。
A氏はネンブツダイ1匹とスミヤキ1匹を釣りましたが、ほかは全部イサキです。
この海の中、イサキしかいないのかも、と思えるほどです。

真夜中日付が変わろうかという時間帯、相変わらずイサキが釣れています。
3人でクーラーを2つ持って行きましたが、クーラーが満タンになりそうでした。
仕方なく小さい魚から少しずつ、クーラーから出して、以後小さい魚はキャッチ&リリースすることになりました。
氷も多く持っていなかったため、やむを得ない決断でした。
もっとも、これらの作業はほとんどF氏とA氏にやっていただきました。
いつもありがとうございます。
さすがに釣り疲れた私は1時半頃に休憩することにしました。

目が覚めたのは4時半頃でしょうか。
A氏とF氏に聞いたところ、寝ずにずっと釣り続けていたそうです。
釣れているとはいえ、タフですね。
で、あれからどういう釣果か尋ねてみると、ずっと釣れていたとのこと。
やはりイサキばっかり。

ここで、ふと思い出したのですが、朝だったらまた真鯛が釣れる可能性があるのでは?と。
早速仕掛をチェンジして時間までチャレンジすることにしました。
第1投、いきなりウキに当たりが!
軽いものの、ピンク色の魚が見えてきました。
そうです、小さいけど真鯛です。はっきり言うとチャリコですね。
俄然可能性が出てきたので、棚・仕掛を変えて本格的に真鯛を狙います。
そして次の1投、ウキに当たりがありました。
釣れてきたのは、イサキでした。
棚・仕掛の変更はどうやら裏目に出てしまったようです。
この後船が来る時間まで、やはりイサキばかりでした。


では、釣果報告ですが、3人でイサキ80匹以上、正確にはわかりませんが、100に近かったと思います。
これまでで数としては一番の釣果です。
入れ食いの状態がこんなに長い時間続くのも、最近ではなかったですね。

ちなみに同じ夜、伊豆の北川でも入れ食いだったそうです。
今年は数年ぶりにイサキの数釣りができそうです。


たかちゃんの釣り日記21

平成25年7月24日、あいにくの雨です。
ただ、予報では午後6時頃には止むということなので、夜釣りに出発します。
今年のカゴ釣りの釣果は厳しいので、今まで行ったことのない場所に行くことにしました。
今回同行のA氏が事前に調べた結果、伊東の富戸あたりが良さそうです。

メジナ釣りのゴロタ場へは行ったことのある富戸。
まずは磯場を探しますが、事前調査とは少々違いがあり、目的地が見つかりません。
雨もむしろしっかり降ってきて、暗くなってきたので、結局富戸の港で釣りをすることになりました。
雨で足場の悪いことを考えると、安全な堤防で良かったと思います。

初めての釣り場でまずやることは棚探りです。
竿2本分で投げてみると、ウキがしっかり立ちました。
岸からさほど離れていない場所でもけっこう深いようです。
これならいつも通りの釣りができそうです。

4投目くらいでしょうか、巻きとりのときに根掛かりしてしまいました。
根掛かりした場所はしっかり覚えておきましょう。

釣りを始めて早々に釣れたのはネンブツダイです。
エサ取りとして超有名な魚ですが、このネンブツダイが釣れるのは良い兆候です。
経験上、ネンブツダイも釣れないときは、何も釣れませんから。

午後8時を過ぎた頃でしょうか、ウキを消し込む当たりが!
慎重に巻き上げてくると、なかなか良い引きです。
そして足元近くまできたとき、魚が横走りしだしました。
そうです、サバです。
ちょっとがっかりしましたが、良型のサバでした。
すると、A氏にも続けて当たりが!
ご想像のとおり、サバでした。
大概サバのような青魚は1匹釣れると立て続けに釣れますよね。
この後も何度かサバが回ってきました。

この富戸の港は、イサキ・真鯛の実績もあると聞いていたので、少しは期待していました。
残念ながらこの日はサバとネンブツダイ以外の魚は釣れませんでしたが、カゴ釣り初心者でも十分楽しめる場所です。
たくさんの人が釣りできる広さはありませんが、平日は狙い目です。
日中は観光船の発着場所となるため、落ち着いて釣りをするなら、夜釣りが良いと思います。
ただし、今回私たちは夜12時で撤収しましたが、港は朝早く動き出すため、この時間の撤収は正解だったと思います。
またここで挑戦したいですね。


たかちゃんの釣り日記

平成25年6月18日、そろそろ釣れる時期だと思い、約1カ月ぶりの釣行です。
今回も場所は初島、F氏とふたりでがんばります!

風がやや強く波も多少あるものの、梅雨時期だというのに天気は良さそうです。
そう言えば昨年・今年と小さいものも含めて誰も真鯛を釣っていない、ということで船に乗る前にF氏と真鯛5ポイント、イサキは1ポイントという具合にしましょうか、なんて冗談を言っていました。
やはり本命は真鯛。
いつも以上に仕掛を工夫したいですね。

さて、初島に到着すると平日にも関わらずカゴ釣り、フカセ釣り、石鯛釣りと多くの釣り師で賑わっていました。
堤防の根元側には海上に旗?が立っていて、ここでは全く釣りができない状態です。
ちょうど船に乗って帰る人と話をしたところ、カゴ釣りの人が船を待つお客さんの頭にコマセをかけてしまうとの理由から、釣りできなくするために旗を立てたと聞きました。
本当かどうかはわかりませんが、本当だとするととても残念なことです。
釣り人の気持ちもよーくわかりますが、人の迷惑になることは避けなければなりません。
結果、釣り場から追われてしまうことになります。
うんちくはこのくらいにして、釣る場所がなかった私たちはテトラから釣りをすることにしました。
初島でテトラからの釣りは実に10年ぶりくらいでしょうか、本当に久しぶりです。

釣りを始めて3投目くらいに私のウキに小さな反応があり、あげてみると小さいけど真鯛です。
小さい真鯛はくるくる回ってあがってくるんですよね。
25僂らいでしょうか、でも久しぶりに見る真鯛です。

幸先いいと期待しますよね?
私も期待しましたが、この後実は散々なことに見舞われるのです。

後で放流する可能性もあったので、真鯛はバッカンの中で泳がせていました。
が、F氏が真鯛がいなくなっていることに気づきました。
おそらく猫が犯人でしょう。
テトラで釣りをしているのに油断していました。
釣りの方もあたりが少なく、私が釣りあげたのはムロアジくらい。
F氏は私が休んでいるときに小さいイサキを釣りましたが、他はアイゴなどでした。
加えて夜10時ころになると、風がかなり強く吹いてテトラにいる私たちは危険を感じるくらいです。
テトラでの釣りでいつもより体力が奪われるためでしょうか、休憩も早めに取りました。

以降、朝になっても風は一向に止む気配もなく、私たち以外の釣り人も全員座り込んでいました。
立っていると堤防から海に落とされそうなくらいの強風で、夜よりも朝の方が更に強く吹いている状態です。
F氏は夜の休憩後、朝から強風の中しばらくがんばっていましたが、アイゴなどでした。
また、F氏は夜にアイゴとは違う、大きい真鯛?と思われる当たりがあったようですが、残念ながらバラシてしまい、姿を見ることはできませんでした。
んー、本当に悔しいですね。

結果は以上です。
そんなに散々でもないかな?
釣りができる時間が少なかったことが一番残念でした。

この翌週の平成25年6月25日、新規開拓と称して熱川の堤防にカゴ釣りに行きました。
私ひとりだけです。
情報程度なので、ここで紹介します。
日中はルアー師が多く、カゴ・フカセともに釣りはやりにくいかもしれません。
夜ならゆっくりできますが、もともとここにはカゴ師は少ないようです。
水深は浅く、カゴで投げられる距離では7〜8メートル程度です。
釣りものはアジ・イサキ・黒鯛・メジナ・アオリイカなどで、少し前まではワラサが回ってルアーで釣った人もいたそうです。
この日は、となりのおじさんが30僂らいのアジ3匹、15僂らいのアジ1匹を釣っていました。
アジを狙った仕掛でないと、釣るのは難しいかもしれませんね。
夜にのんびり竿を出したいときには良い釣り場です。
アジを釣ったこのおじさん、とても親切にいろいろと教えてくれました。
ご協力感謝します!


たかちゃんの釣り日記

平成25年5月14日、1か月くらい前から初島の釣果が気になりはじめていましたが、ここ数年では早めに釣行することになりました。
初島周りの遊魚船ではすでに3月からイサキが釣れていることから、5月には釣行しようと相談していました。
ところが堤防の釣果については話が聞こえてきません。
ならば情報収集といきますか、みたいな気持ちでいざ釣行です。

予報では、天気晴れ・風なし・波なしのまったく申し分ありません。
16時の船で行ってみると、初島は風がやや強く吹いていましたが、南からの風なので特に問題はなさそうです。
むしろ虫にたかられないので、少しは吹いていた方が良いくらいです。
堤防先端にはすでに釣り人が10人くらいいて、カゴ釣りのほかフカセ釣りや石鯛釣り人たちです。
夜になって聞いたところ、昼間はアイゴやメジナばかりでカゴ釣りで狙っているであろうイサキや真鯛は釣れていないとのこと。
私たちが到着後に釣れていたのはムロアジでした。

おっと、忘れていましたが、今回の釣行はいつものA氏・F氏・私の3人です。
3人とも今シーズン初のカゴ釣りです。
全く情報がないままでの釣行ですから、最悪ボウズも覚悟しています。
でも本当は釣りたいですよね。

早速第1投、まずは私からでしたが、何といきなりウキが沈みました。
しかももぞもぞした当たりではなく、消し込む感じで。
重みは多少あり、少し巻き上げたところで、ぐんぐんと3回ほど強く引っ張られます。
慎重にやりとりしたものの、惜しくもハリスを切られてバラしてしまいました。
何が掛ったんでしょうね?
その後はしばらく本命どころかエサ取りの当たりもなく、時間が過ぎていきます。

暗くなって、A氏・F氏にはエサ取りの当たりがあったものの、私は完全坊主…
するとついにA氏がイサキを釣りあげました。
サイズは25〜30僉△茲Δ笋持ち帰ることのできる魚が釣れました。
1匹釣れれば、後に続くぞとばかりに俄然やる気もでてきますよね。
ところが、当たりはプッツリ途切れてしまいました。

私もスミヤキを釣って完全坊主は脱出しましたが、真鯛もイサキも本命魚が来ない…
21時を過ぎて、私にもようやく本命らしき当たりが来ました!
重くはないものの、慎重に巻き上げると、イサキです。
先ほどA氏が釣ったイサキと全く同じサイズでした。
ホッとした、というのが本音です。
チャンスとばかりに次々投げますが、さきほどと同様当たりは単発でした。

以後スミヤキを始めエサ取りはときどき釣りましたが、3人とも不発です。
休憩のため、私ひとりでやっていたところ、ウキを消し込む当たりが!
たも網が必要な良いサイズかもしれません。
巻き上げの終盤に横走りしたので、ん?本命ではなさそうです。
たも網は使わず、一気に抜きあげたところ、やはりサバでした。
ただし、大きく丸々太っていたので、持ち帰ることにしました。
本日一番の引きでしたね。
時間はすでに午前0時を過ぎていたかもしれません。

サバ以降は当たりもなく、どっと疲れもでてきたので長期休憩としました。
私たち3人以外に5人ほどカゴ釣りを夜までやっていましたが、聞いたところ、イサキは5人全員で1匹だそうです。
まだイサキは少ないようですね。
朝に島の漁師さんと話をしたのですが、漁師さんですら4〜5匹しか釣れないので、燃料代に合わず、漁にも出ないとのこと。
確かにいつもは朝に一斉に出ていく島の船が、この日は凪にもかかわらず、4隻程度しか出て行きませんでした。
漁師さんいわく、まだちと早いかも、だそうです。
ただ、1週違えば状況はまったく変わるので、のんびりはしない方が良いでしょう。

さて、朝になり釣りを再開したのですが、風が正面から吹いて海がよくありません。
A氏は寝ずにずっと釣りをしていたそうですが、釣果なし。
一番の船まで粘っても、誰も釣果ありませんでした。

ということで、今回は3人でイサキ2匹、サバ1匹、なんとも寂しい釣果です。
ただ、少ないけれどもイサキが釣れることはわかったので、次回に期待したいですね。


たかちゃんの釣り日記

お客様の釣りの参考にと始めたこの「たかちゃんの釣り日記」。
気がつけば18回となり、改めて読み返してみると、月日の記載はあるものの、平成何年かがわからないために、参考にするには情報不足と痛感しました。
今回からは何年かを記載してゆきます。

さて、フカセ釣りでメジナを狙い続けて何年にもなりますが、実はまともに釣ったことがありません。
スランプとか釣れない時期に行っているからだとか、言い訳を山ほど考えましたが、結局のところ難しいのです。
記述することも特になかったために、この日記にはほとんど登場してきませんでしたが、さて結果は?

平成25年1月29日、小田原では天気・風・波とも絶好の釣り日和です。
今年初釣りであるのと同時に久々のフカセ釣り。
釣れても釣れなくてもフカセ釣りは楽しめ、カゴ釣りとは違ってプレッシャーもなく、日帰り釣り旅行といった気分で出発です。

午後3時、釣り場は決めずに網代あたりから状況を見ながら決めることになりました。
途中の根府川や湯河原は風波がある程度で問題なさそうでしたが、網代に到着してゴロタを見てみると、けっこう波があります。
うねりを伴い少々危険と判断し、もう少し先に移動します。
次にやってきたのは汐吹です。
車が停まっており、すでに釣り人がいるようです。
ここは波がまったくない状態で、釣り人がいたために次へ移動です。
ゆっくり見ていたせいか、日が暮れてきたために、次で決定することに。
到着したのは富戸の網干場下のゴロタです。
ここはまた波があり、これ以上あったらできないギリギリくらいでしたが、決定です。

竿を伸ばす頃にはすっかり暗くなり、ヘッドランプを始めから装着して釣り開始です。
ちなみに今回の釣行もA氏・F氏・私の三人で、私が釣座を最初に選ばせてもらいました。
多分一番ヘボだからでしょう。
ヘボを象徴するように、グローブを忘れる大失態。
さほど寒くないとしても、後にグローブがあれば…というときが訪れようとは。

釣りは至ってシンプル。
波は大きいものの、ちょうどウキが落ち着くポイントがあり、やり易い状況です。
同じポイントにコマセを打ち続け、ウキを同じポイントに流していく。
しかし相変わらず魚の反応はなし。
ネンブツダイなどのエサ取りの魚すら釣れません。
潮が引いてきたために釣座を前に移動しても、ときどき根掛かりしたりと、いつものパターンになってきました。
ただ、今回違ったのは1度魚の当たりがあったこと。
道糸は常に張った状態だったので、竿に直接当たりがきました。
しかし、さすがヘボ、すぐにバラシてしまいました。

途中、F氏が1枚釣ったと聞きました。
そして完全坊主の私。
コマセもほぼ終わりかけていたので、付けエサのブロックオキアミをちょっとだけ残し、オキアミをコマセとして最後の1,2投。
波が盛り上がっている手前の浅いところで、竿に当たりが!
たまたま波もタイミング良くきたので、一気に釣りあげます。
正直何の魚だかはわかりません。
メジナ特有の強い引きではないし…。
波打ち際まで魚を取りに行くと、メジナです。
やった!ついにやった!
時間は夜10時少し前くらいでしょうか、眠気も吹き飛びますね。
慌てて魚を掴もうとしたせいか、2か所手を切ってしまいました。
グローブがあれば怪我をしていなかったでしょうね。

結果、37センチメジナ1枚でしたが、私にとっては貴重な1枚でした。
F氏は40センチ2枚41センチ1枚の3枚、A氏は35センチのカサゴ1枚でしたが翌日伊豆山で3枚釣りました。
ふたりともさすがですね。

今回使用したウキはカイコーのビッグワンタイプ僑魁ィ亜波が大きかったので、かなり大きいウキです。
仕掛はハリス4号で長さは80センチくらい、鈎はがまかつグレ鈎10号、がん玉は2Bです。
フカセ釣りで釣るメジナはやはり価値があります。
次回は40センチオーバーを狙いますよ!


たかちゃんの釣り日記


前回の釣りで上げられなかったワラサ?がどうしても気になるA氏。
ならば私が釣ってやる!と、私がバラしたのではないので、こうは思いませんでしたが、A氏は相当悔しいのでしょう、一週間後の7月16日また初島に来てしまいました。
もっとも、私も本命真鯛を釣っていないので、今度こそがんばります。

この日は数日前から続く強い風がまだ吹いていて、その風のせいか、波も多少あります。
ただ、南または南西の風なので、釣りができないということはなさそうです。
逆に風がないと、暑くてやっていられないかもしれません。
虫に悩まされることも少なくなるので、この風は歓迎すべきですね。
海はどうかというと、沖に出てみると意外にも波はなく、風が止むとベタかもしれません。

最終便で到着した初島には、私たちの他には8人のカゴ釣り師と2人の石鯛師、夏休みでしょうか、カップルも釣りをしていました。
そうそう、来週7月22日は初島の花火大会があるそうです。
知らずに一度釣りに来てしまい、花火を見ながら釣りをしたことがありました。
釣りのときにはどうかと思いますが、海上打ち上げ花火は邪魔になるものがないので、きれいに見えます。
花火の最中にも魚は釣れましたので、関係ないかもしれませんね。

夕まずめ、私たちって、どうしてこの一番釣れそうな時間帯に釣らないんでしょう?
この日もネンブツダイすら1匹も釣らず、完全坊主のまま、夜が更けていきます。

電気ウキに替えてしばらくすると、もぞもぞとした当たりがあり、ネンブツダイです。
続いて同じような当たりがあって、上げてみるとお馴染みの小さいイサキ、ウリ坊です。
またこのサイズか、と思うのと同時に、1匹目はホッとしますね。
ポツリポツリとウリ坊が釣れ、19時半頃からでしょうか、ウリ坊が入れ食い状態に!
他の釣り人もウリ坊が釣れています。
A氏はウリ坊にはあまり興味がない様子で、私から言わせると不真面目に釣りをしています。

私は10匹くらい釣ったでしょうか、入れ食い状態が終了した後は、ポツリポツリと釣れる程度になりました。
A氏は前回味をしめたイカ釣りを開始、イカ釣りは真面目にやるんです。
ただ、この日はイカの反応が全くなく、ダメだったようです。

23時頃になると、当たりがぷっつり途絶え、疲れがドッときました。
風が西向きに変わって強くなったのも釣れない原因かもしれません。
0時すぎまで粘ってみましたが、この1時間は1匹ウリ坊が釣れた程度でした。
私はそろそろ長期休憩に入る準備に。
前回一晩中釣り続けていたA氏も、今回メインと考えている朝に備え、休憩です。

白々と夜が明けてきた頃に目を覚ますと、風が止んでいて、今シーズン朝の時間帯では最も良い状態です。
さあ、大物を釣るぞ!と釣りを再開します。
見ると地元の漁師さんが引っ張りをやっていない、つまりワラサやイナダを狙っていないのです。
釣れなくなったから?と少々心配になります。
ただ、海面では小さいながらもあちらこちらでナブラが立っています。
そのうち少ないながらも地元の漁師さんが引っ張りを始めます。
期待できるかな?

こんなに釣りし易い状態なのに、魚の反応が全くありません。
まあ、私は朝の釣りに関してはいつもこんなもんですが、A氏にも反応がありません。
日差しが強く照りつけ、朝と言えどもすでに気温は30℃近くと思われます。
すると、私のウキがない!
感触は重く、走っているというより、潜っている感じです。
慎重にゆっくりと手繰り寄せると、アイゴでした。
メジナかアイゴだと思いましたが、大イサキか真鯛の可能性もあったので残念です。

当たりのなかったA氏ですが、ついに来ました。
多少やりとりしていましたが、バラシ。んー残念。
船の時間も迫り、これで終了です。

結果、ウリ坊2人で19匹、以上です。

真夏の時期は日中だと暑さとの戦いで相当疲労します。
夜釣りは涼しいとまでは言い難いものの、ずいぶん楽に釣りができます。
青物魚、イサキ、真鯛、石鯛など、狙える魚も多く、ときにはイカも釣れます。
堤防でごろ寝でも良いですが、民宿に泊まって存分に釣りを楽しむことも更に良いでしょう。

今回使用の鈎はがまかつ「カン付伊勢尼スキン巻白6号」です。
よく釣れる鈎ですし、頑丈で青物魚にも十分対応できます。

A氏は納得できたでしょうか?
次回もあるかもしれませんね。


たかちゃんの釣り日記


前回は他の釣り人と比べると釣った方でしたが、冷静に考えると、不甲斐ない結果と言わざるを得ません。
「リベンジ」
毎回釣りと釣りの間に一度は口にしている言葉です。
でも、今回は本当に「リベンジ」です。

7月8日、翌日まで雨の心配がいらない、梅雨時期にもかかわらず、ラッキーですね。
釣りのメンバーも久しぶりにA氏・F氏そして私の3人そろっての出陣です。
船から見る限り、風はなし、波もなし、海ではなく、まるで湖のように水面は鏡となっています。
「最高の条件、絶対釣れそう!」
ん?
前回もそう思ったんですけど、結果は…

今回の釣り場も初島です。
イサキについては、地磯では北川で実績がある以外はパッとしないようです。
数少ないイサキの実績のある初島はさぞ混雑している、と思いきや、いつもとそう変わりません。
夜通し釣りをやる人は、私たちを含めて8人くらいでしょうか。
A氏はイサキ・真鯛のほか、何やら企んでいるようです。

到着後、私は早速真鯛狙い。
まだ日のある時間にA氏にヒット!前回と同じウリ坊です。
この時間帯に釣れたのは久々ですね。
私もF氏もほどなくウリ坊を釣り、まずは一安心です。

その後もポツポツとウリ坊は釣れ、夜21時までには、前回のイサキ4匹をクリアしていました。
贅沢を言えば、もう少し大きなサイズの魚が釣れるといいのですが。
時が過ぎ、真鯛はあきらめて、イサキを狙います。

なにやら企んでいたA氏はイカの反応があると、イカ狙いに変更。
すぐに1パイをゲット!
鼻が利くというか、たいしたものです。
その後も真剣にイカ釣りをした結果、アカイカ5ハイを釣りました。
カゴ釣りもこのくらい真面目にやれば良いのにね。

23時を過ぎたころ、当たりも少なくなり、疲れがドッと押し寄せてきたので、私は長期休憩に入りました。
ただ、依然として風がほとんどなかったため、虫の攻撃がすごく、あまり良く眠れませんでした。
F氏も長期休憩に入り、朝に備えます。

でも、A氏は一睡もせず、がんばっていました。
終始風も波もなく、良い状態で釣りができたのも、がんばれた一因でしょうね。
そのがんばりが功を奏したのか、朝に良い感触の当たりが!
しばらくやりとりして手前まで寄せましたが、鈎を伸ばされてばらしてしまいました。
イナダかワラサでしょうか。
良い感触の当たりはその後も続き、メジナ・アイゴは釣りあげていました。
そして再び今までで一番良い感触の当たりが!
慎重にやりとりしていましたが、テトラに回ってしまい、残念ながらばらしてしまいました。
悔しいですよね、おそらくワラサが掛ったのでしょう。

私もF氏も挑戦しましたが、当たりなし。
イサキシーズンはこれにて終了、のつもりでしたが、A氏のあの悔しがり方が気になります。

結果、3人でイサキは25〜30匹、正確には数えていません。
F氏が竿頭でした。

この日は、当店のお客様N氏も初島で釣りをしていました。
N氏はイナダ3匹、40僂らいのものを含む真鯛2匹、35僂曚匹離ぅ汽3匹、ウリ坊も数匹と良く釣っていました。
この方はかなり遠投できますし、真鯛釣りがとても上手な方です。
比べると釣果は完敗ですね。
ま、来年に楽しみはとっておきましょう。


たかちゃんの釣り日記


6月26日、数日前までは雨の予報でしたが、運よく雨に降られずに釣りができそうです。
今年は釣りを計画すると台風に当たってしまい、6月下旬にようやく初島へ行かれます。

今回の同行者はF氏。
16時の船で初島へ向かいます。

梅雨時期の晴れは真夏ほどではないものの、かなり暑く感じられます。
雨よりは厄介ではないですけどね。
風も波もなく、絶好の釣り日和、多少水面がざわついている程度です。
昼に釣りをしている人が少なかったのでしょうか、2人しか堤防にいません。
釣れてないのかな?と思いながらも、ごちゃごちゃした中での釣りよりは良いですね。
水面に点在するゴミや海草が釣りの邪魔になりそうです。

早速竿を出して釣りを始めましたが、いつも通り何も釣れません。
一般的に夕まずめには魚が釣れるはずですが、ここではそんなに釣れた記憶がありません。
他の人が釣っているのは見ていますが、私たちには当てはまらないようです。

まず、当たりがあったのはF氏です。
残念なことにばらしてしまったので、何の魚かはわかりませんが、感じとしてはアイゴかメジナのようでした。

何も釣れないままゴミと格闘し、いつの間にか日が暮れて、カンボウ(完全坊主)の危機感が漂うなか、私のウキに反応が!
ただし、消し込むような感じではなく、ポコポコしているだけで、ネンブツダイ?かも。
一応ゆっくり巻いて引き上げると、イサキでした。
いわゆるウリ坊、小さいイサキ、こんなに小さくてもカンボウ脱出しホッとしました。
放流か?とも思いましたが、バッカンの中で泳がせておくことにしました。

この後は、バタバタ釣れることはなく、ポツリポツリと小さなイサキが釣れていました。
他の釣り人はというと、私たち以外の人は全く釣れていない様子。
22時頃にようやく他の釣り人にも当たりがあったようです。

22時半ころになると、向かい風が強くなり、釣りにくくなってきました。
過去の経験から、こうなるとなぜかここは魚が釣れなくなるのですが、この日もやはりピタリと当たりがなくなりました。
時間的にも、私の本命・真鯛は厳しくなりました。
そういえば小鯛も釣っていません。ふたりともです。
しばらくすると風向きも変わるかもしれないので、少し早いですが、ゆっくり休憩をとることにしました。

状況が変わるのを待つこと1時間、2時間、…
結局状況は変わらず、朝を迎えました。
5時から2時間ほどがんばってみましたが、私は何も釣れませんでした。
F氏は良い型のカワハギを釣りました。
ただ、風の影響か、はっきりと当たりがわかったのではないそうです。
1回くらいは、ウキを一気に消し込む当たりがほしいですね。
そして、魚とのやりとりを楽しみたいのですが、今日はできませんでした。

結果、私はイサキ4匹、F氏はイサキ4匹とカワハギ1匹でした。
他の釣り人は、おそらく半数がボウズ、釣れたひともイサキ1匹か2匹程度と思われます。
夕方に堤防の際で、イナダを2匹見かけました。
島の漁師さんは釣っていましたよ。
また、日中はアイゴが多いようです。

たかちゃんの釣り日記


久々の更新となります、この「たかちゃんの釣り日記」。
その間多くの方々に読んでいただき、本当にありがとうございます。

平成24年6月5日、翌日に台風3号の影響があると予想されたため、初島行きは断念。
同行のA氏の情報で、風・波があっても竿が出せそうな伊豆多賀に向かいました。
A氏も行ったことはあるそうですが、釣りをしたことはないとのこと。
到着して釣り場を見てみると、釣り人も数人しかおらず、車もすぐ近くに置ける良い場所です。
途中、波があって釣りができるか心配でしたが、ここはベタ凪で、風もほぼ無風状態です。
ほかでは悪いコンディションにもかかわらず、落ち着いて竿が出せるなんて思ってもいませんでした。

釣り自体はテトラに乗っての釣りとなり、ふたりとも初めての場所だったため、棚を探りながらの新規開拓らしいスタートでした。
埋め立てをしてできた場所らしく、深さは満潮時で竿1本半から2本程度あり、カゴ釣りをするには問題ありません。
注意すべきは、定置網と近くにある根です。

さて、肝心の釣果ですが…
めぼしい魚といえばA氏が釣った25僂らいの真鯛と、…以上です。
他には、ネンブツダイ、アナゴのような長い系の魚(ギンポではないようです)、ベラが釣れましたが、当たりも少なく、釣果は残念なものでした。

ただし、良い場所が釣りにならないほど悪条件のとき、避難場所として覚えておきたいところです。
一応、真鯛が釣れましたしね。
近くの建物や道路沿いの明かりが入り、安全という面でも良いポイントです。
明るすぎて気になる人もいるでしょうが、釣果との関連はないように思います。

16時頃から釣り始めて、途中ポツリポツリと雨がきましたが、夜中0時頃にこれまでと逆の風とともにまた雨が降ってきたので、終わりにすることにしました。
車に戻り、荷物を入れたところで土砂降りになりました。
片付けのタイミングがちょうど良かったですね。
ずぶ濡れになるところでした。

他が悪条件でもどうしても釣りがしたい人、おすすめです。
カゴ釣りの他には、フカセ釣り・ルアーやエギを投げている人がいました。

なお、駐車場ですが、あくまでも釣り人用の駐車場ではありませんので、ご承知おきください。
停めさせてもらっている、ということを忘れずにお願いいたします。
ほとんどの釣り場がそんな感じですけどね。


たかちゃんの釣り日記


7月12日、日中南風が強く、海上は白波が立っているので、どうかと思いました。
ここのところ毎日日中はこんなでも、夜は平穏になっていたため、予報も信じて行くことにしました。

今日もひとりでの釣行、先週と同じく宿は現地で探すことにして、午後4時の船で初島へ出発です。
船に乗ってみると、風の影響で表面の波は多少あるものの、うねりはなし。
昼に比べると状況はずっと良くなっています。

堤防で夜通し釣りをやりそうな人は7人くらいと多くもなく少なくもなく、コマセがちょうど良く効きそうな人数です。
前回お世話になった民宿丸喜さんは先約があり部屋がとれないため、早速宿探しに出かけたところ、数軒まわってすべて満室。
そこで、島の民宿案内所で探してもらいましたが、どこもいっぱいで厳しいとのこと。
今夜は堤防でごろ寝しますか!
ま、いつものパターンに戻っただけですけどね。

船に乗る前、船着き場で働いているおじさんに聞いたところ、昨日一昨日と夜釣りではほとんど釣れていないとのこと。
1週間前は釣れていたのに、そんなに状況は変わるもの?
まあ、今日は今日だからがんばってみましょう!

まだ明るさの残る夕方、先週と同様チャリコ(小鯛)とジンタ(小アジ)が釣れ、まったく同じパターン。
午後9時までは私の本命・真鯛を狙って、手返しも素早く(あくまでも個人の感想です。)じっくりと攻めましたが、釣れませんでした。
そろそろイサキでも釣れるだろうとタカをくくっていましたが、ネンブツダイくらいしか釣れません。
堤防にいる他の釣り人はというと、ちっちゃいウリ坊1匹釣ったか釣らないかという程度。

午後10時を過ぎ、ひとりまたひとりと竿を上げていく中、最後までがんばって続けていましたが午後11時半、体力の限界です。
竿を上げて、ちょっと横になると、気絶するかのごとく、眠りに落ちて行きました。
釣れないと疲れるんですよね。

朝、午前4時半に起床。
他の方々はすでにほとんどが釣りを再開していましたが、何も釣れていない様子です。
でも、しっかり寝たので、がんばりましょう!

天気・風・波は申し分ありません。
釣りに邪魔なものはひとつもないのに、結局何も釣れませんでした。
他の方々は早々と片付けを始めましたが、「ねばった人ほど釣る」の信条のもと、ぎりぎりまでねばるも、ダメでしたね。
船着き場のおじさん情報は正しかった!

今後はどうなるかわかりませんが、あと1回は挑戦したいですね。
ちなみに、島の漁師さんたちはワラサを狙っているようです。
前回と違い、釣れなかったので書くことがあまりありません…すみません。


たかちゃんの釣り日記


7月5日、朝は強風波浪注意報が出ているような状態。
いつもの釣り仲間のF氏は奥様が出産したばかり、A氏は事故で負傷中ということで、ひとりでの釣行となるため迷いましたが、午後には風が弱まり、いざ出発です。

午後4時の船に乗りましたが、波があって船もかなり揺れています。
初島に到着してみると、波は釣りに影響するほどなく、まずまずの条件ですね。
西風が多少吹いていましたが、むしろ風がないと暑いので、ちょうどよい感じです。

前回は堤防に13人もいて混みあっていたのが、今回は私を含めても5人。
もしや、釣れていないのでは…
そう言えば、船からトビウオも見つけられなかったし、不安がよぎります。

釣果の期待もせず、ひとりですし、虫と戦うのもうんざりだったので、どうせ寝るんだったら、今日は宿をとることにしました。
船の中で決めたので、当然予約もなし。
直接交渉で宿探しです。(学生時代にはよくこんなことをやりました)
初島には民宿がいくつもあり、1か所に集中にて立ち並んでいるので、探すのは簡単で便利です。
午後11時ころまでは釣りをしたいので、遅い時間に部屋に戻っても大丈夫かが、問題ですけど…
交渉はすんなりOK!
以前にもお話したかもしれませんが、この島の方々はみんな親切です。
だからここに毎年来るんです。
そして今回お世話になるのは、民宿丸喜さんです。
ありがとうございました!

仲間とくだらない話をしながら釣りを楽しむのも良いですが、ひとりだと別の良い点もあります。
1、いろいろ考えながら、釣りに集中できる
2、仲間以外の釣り人と話をする機会が増える
など。
もちろんデメリットもありますが、いろんな意味で勉強になります。

さて、いつもより真面目に釣りに励んでいましたが、午後9時すぎまではチャリコ(小鯛)1匹、ジンタ(小アジ)3匹のみ。
本命の真鯛はそろそろあきらめて、イサキを狙うも他の釣り人も釣果なし。
このままイサキはボウズかと不安になりましたが午後9時半頃、ようやくウリ坊が釣れました!
午後10時すぎまではぽつぽつ当たりがあり、イサキも徐々にサイズアップ。
午後11時前からは入れ食いとまでは言えないのですが、当たりが多くなりました。
ここで問題が…
「宿に戻らなければ」しかも「コマセがなくなりそう」
釣れていたので、とりあえずコマセはオキアミを使ってだましだましやって、釣れなくなったら宿に戻ろうと決めました。
結局、午前0時になってしまったので、釣れていましたが宿に戻りました。

堤防でごろ寝するのと、宿でふとんに寝るのとでは雲泥の差があります。
民宿は本当に快適です!
また民宿を利用したいですね。

午前5時、十分休憩したあと、朝マズメの勝負です。
堤防の釣り人に聞いたところ、午前2時から3時までが一番釣れたそうです。
ちょっと悔しい気持ちもありましたが、釣れるとわかっていてもその時間は釣りをしていませんね。
無理です。
当たりはいくつかありましたが、釣れたのはふぐ・ムツっ子などクーラーに入れる魚は釣れませんでした。
2時間がんばりましたが、時間切れ・コマセ切れで終了です。

今回の釣果はイサキ8匹・チャリコ1匹・ジンタ3匹でした。
前回より成績は良かったですね。
ただ、イサキは全体的に小さいです。
8匹にうち4匹は縞模様のはっきりしたウリ坊、一番大きなものでも30儖未任靴拭
先週は70匹釣った人がいたそうですが、70匹釣るのに何時間釣りをしたんでしょうか。
ちょっと想像がつきません。
日中にはサイズの大きいイサキが釣れるようですが、数は夜釣り方が伸びるようです。

次回こそ本命・真鯛、がんばるぞ!

たかちゃんの釣り日記


永らく更新できず、申し訳ありませんでした。
例年ですとカゴ釣りシーズンはとっくにスタートしているのですが、今シーズンは遅れ気味な感じでしたので、私たちもいつもより遅いスタートとなりました。

6月14日、梅雨に入っているので、天気は期待していませんでしたが、ラッキーなことに曇り。
夜には雨の予報もありましたが、まずまずの状況です。

湯河原で釣り仲間のA氏と待ち合わせをして合流。今回はふたりでの釣行です。
4時熱海発の船に乗り、初島へ出発です。
到着してみると、波はべた凪、風は無風。
ここはいわば海の上なのに、こんな条件今までにあっただろうか?っていうくらい最高の条件です。
ただ、堤防の先端は最終船が去った後も人がいっぱい。13人はいたでしょうか。
平日夜としては、私が見た中では一番混雑していましたね。

日中釣りをしていた人の中に当店のお客様がいらしたので、様子を聞いてみると、数こそ出ていないが、まずまずの型のイサキが釣れていたとのこと。
イサキにもやや期待しつつ、私の本命魚・真鯛をじっくり攻めてみましょう!

我慢強い?私でも立て続けにネンブツダイばかりだと、さすがに腐ります。
夕まずめだというのに、他の魚はいないの?というスタートです。

一方A氏はぽつりぽつりではありますが、イサキ2匹を釣り、トビウオまで引っかかり、私と比べると順調そのもの。
先にどんどん釣られると、やはり焦りますね。
仕掛をいろいろ試してみても、なかなか釣果はあがりません。

ようやく私のイサキがきたのは、午後7時を過ぎていたでしょうか。
ただ、狙いはあくまで真鯛です。チャリコと呼ばれる小型のものではなく、真鯛です。
真鯛1匹でも釣れば、私としては目標達成となりますが、厳しいですね。
時間も午後9時を過ぎ、真鯛のチャンスはほぼなくなったと判断し、イサキ狙いに変更。
しかし、この後釣れたのはウリ坊と呼ばれる、ちっちゃいイサキ2匹のみ。
もちろんネンブツダイなどのエサ取りはいっぱい釣れましたが、大本命・真鯛も0。
午後11時半、釣れないせいか体力の限界で長期休憩です。

私が寝ている間、A氏は30儖未離ぅ汽を釣っていました。
朝3時半頃からは北東の風が急に強くなり、続けるには難しくなりました。
他の釣り人も早々と片付けを始めていましたが、A氏は2時間休憩した後、釣りを再開。
チャリコを1匹釣りました。さすがですね。

結局、私はウリ坊を含めてイサキ3匹、A氏はイサキ7匹・チャリコ1匹・トビウオ1匹でした。
堤防先端の方々は、ひとりだけよく釣っていましたが、ほとんどの人は同じ釣果でした。
まだ初回、次は本命を釣りたいですね。

たかちゃんの釣り日記


3月26日土曜日、強風の予報でしたが、風はほぼ無風。
天気もよく、日が陰ったとき以外は上着がいらないほど春らしい陽気です。

今日は春休みで暇な子供たちを連れて、目の前の漁港で竿を垂らすことになりました。
子供たちはもっともお手軽なイワシ釣り、お父さんはメジナでも狙おうと午前10時ころスタートです。

先に釣りをしていたご近所の鈴木さんは、お孫さんを連れてイワシを釣っていました。
すでに20匹以上は釣っていたでしょうか。

さて、ここからお父さんは大忙しです。
子供2人と自分の3人分の準備は大変です。
まず1人分の準備が完了、上の子に釣り方を一通り教えて、1人で釣りをしている間に、下の子の準備…
なんて上手くいくはずないか。
イワシはふたつめの準備をしている間に次々と釣れ、まだ上の子も1人では魚を鈎から上手に外せないために、準備が全く進まない(涙)。
結局、一度竿を休ませてようやく準備完了。


上の子以上に手の係る下の子も釣りを始めると、「頼むから、1人ずつ竿を出して」と言いたくなるほど、良く釣れます。
3点以上で釣ることも珍しくなく、一時は空針でも釣れるほどの「入れ食い」状態になるほど。
わずか1時間半で退散しましたが、30匹くらい釣れました。


ご近所の鈴木さんとお孫さんは2人で100匹は釣っていました。
お孫さんが釣りに慣れているとのことで、2人で黙々と楽しそうに釣りをしていました。

ところで、お父さんのメジナ釣りはと言うと、子供2人の世話で大忙し、竿を伸ばすことすらできませんでした。
でも、イワシ釣りは子供よりムキになってやっていたようです。

気軽に誰でも楽しめます。
1人でも、家族でも、友人とでも、遊びに来て下さい。


イワシ釣りに必要な道具です。これでざっと\2500くらいです。
この他に水汲みバケツ・エサ付け器・はさみ・タオル・ビニール袋があると便利です。
また、魚を持ち帰るときはクーラーボックス・氷があると完璧です。

たかちゃんの釣り日記


6月29日、今回の目標はボウズにならないこと。
目標が低いといわれるかもしれませんが、前回のこともあり、この日記のタイトルも「へたくそ」たかちゃんの釣り日記に変更しようかと…


言い訳ですが、今年のイサキは全体的に低調です。
東伊豆では北川を除き、釣れてると言える場所はないようです。
船ですらここ最近釣れていないと聞きます。
こんな時だからこそ、釣りたいですよね。
意地もあるので、がんばりましょう!


天気は曇り、風はほとんどなく、波は静か。霧がたちこめ、まるで湖のような状態で、まったく文句のつけようがない条件です。
過去にこのような条件でたくさん釣った記憶が甦ります。
期待に胸が躍りますね。


今回はいつものメンバーF氏とふたりでの釣行です。
早速始めると、2投目でネンブツダイがついてきます。
毎回このパターンですね。釣れる時も釣れない時もスタートは同じです。


1時間ほどして電気ウキに交換した1投目、F氏のウキが入りました。まずまずの感触のようです。
F氏が慎重にリールを巻いていると、今度は私のウキが入りました。
ダブルヒットです!
私のもまずまずの感触で、ふたりともイサキでした。
ボウズ脱出!よーく考えてみると、私は今年3回目の初島で初めてイサキを釣ったのです。
本当にタイトルを「へたくそ」たかちゃんの釣り日記に変えた方がいいかも。
夕方まだ日のある時間帯に釣ったのは珍しく、たくさん釣れるかもと期待しつつ、出足好調あとさっぱりな話もよく耳にするので、複雑な心境でしたね。
そして、この時私の狙いは真鯛だったので、イサキは外道なのかもしれませんね。


この後続けてヒットするかと思いきや、当たりも少なく、たまに釣れるのはエサ取りばかり。
風が北に変わったため、少し条件も良くありません。
魚がいないのか、それとも何か大きな魚がいるのか?


真鯛の時間もとうに過ぎ、夜の11時頃でしょうか、私のウキにエサ取りとは違う当たりが!
ウリン坊です。
しばらくするとF氏にも同じ感触の当たりがあり、やはりウリン坊でした。
やる気を取り戻し、がんばってみましたが、またまた単発的に終わってしまいました。


0時を回ったので、私は長い休憩に入ります。


朝4時すぎに起き、私が寝ている間の状況をF氏に尋ねてみると、イサキが1匹釣れたとのこと。
サイズも37僂らいと良型です。
ひとりでたもですくい、午前3時頃に釣れたそうです。
粘り強くがんばった人には、ちゃんとご褒美があるんですね。あっぱれです。


そろそろ私も再開しようかという時、F氏が小鯛を釣りました。
チャンス!と慌てて竿を出します。
すると1投目からウキが入りました。
そしてこの後立て続けにウキが入りましたが、本命には当たらず、メジナをはじめ外道のオンパレード。
名前も知らない魚もいくつか釣りました。
残念でしたが、外道ながら引きも強く、楽しめましたよ。


同じころ、F氏もシマダイやメジナをはじめ、この日一番の活性のなか、楽しんでいました。
朝にこれだけ釣れれば、お土産は少なくとも、満足です。


終わってみると、絶好の気象条件ながら、イサキや真鯛の釣果はイマイチです。
朝になって気付いたのですが、海が非常に濁っていて、水面近くにいる魚がやっとみえるくらいでした。
わかっていれば、仕掛けをもっと工夫していましたが、後の祭りですね。
聞いた話によると、日によってはイサキがたくさん釣れることもあるそうです。
魚に好かれるまで、何回か通わないといけませんね。



たかちゃんの釣り日記


2010年6月15日、前週からの週間天気予報どおり、雨・風・波のトリプルセット。
普通は釣りになど行かれるような状況ではありません。
ただ、風向きは南、それに時期も時期なので、多少状況が悪くともちっとは釣れるだろうと思い、強行することにしました。


今回はいつものメンバーとは都合がつかなかったりで、初登場・マー君とふたりで初島に出発です。


小田原を発つ時は降っていませんでしたが、初島に到着し準備をしていると雨が降り出しました。
まあ、覚悟していたことだし、予報どおりの南風。
ここでは背中からの風なので、少々強くても問題ありません。


2投目、ウキに当たりはないのですが、必ず釣れるネンブツダイが付いています。
ここからしばらくはこの状態。
前回と同じ感じ、でも釣れる時も釣れない時も最初はこんなふうかな?


翌日の朝の天気はかなり悪いと思われたので、いつも乗る船の1本前・16時の船で来て、夕方から夜12時までの勝負と踏んでいたのに、いい当たりもないまま、すっかり暗くなってしまいました。
釣りができないほどひどい天気ではないのに、魚がいない?


21時頃でしょうか、マー君のウキが入りました!
手応えも良いようですが、たもを使うほどではないとのこと。
あげてみるとメジナでした。
40兢し足りないくらいのまずまずのサイズですね。


そうそう、こんなに予報が悪いのに、我々以外に4人グループが夜釣りをしています。
我々もですが、釣りバカがこんなにいるとは…
夕方数回彼らがたも入れしていましたが、後から聞いてみると、40僂らいのメジナとイサキを釣ったそうです。
真鯛はそろそろあきらめて、イサキを狙ってみましょう!


同じところに投げ続けても釣果があがらないため、少し右側に数回投げてみると、ウキに当たりが!
感触は良さそうですが、横に走りだします。
サバか?
案の定、サバでしたが、40僂らいでした。


エサ取りは相変わらずたくさんいますが、本命が来ません。
またエサ取りの当たりか…と思っていたら、ウキが入ったまま出てきません。
少し引っ張ってみると、重さはあるけど引かない。
イサキかも!
慎重にゆっくり巻いてきます。
抜けそうな感じだったので、手前まで寄せてから一気に抜くと、堤防にイカが落ちてきました。
アカイカです。
エサ取りに食らえ付いていたんでしょうね。
普通は巻いている途中や水面で魚を離すのに、私も迷人の仲間入りですかね。


この後もエサ取りのオンパレード、時間も夜12時を回りました。
私はここで長い休憩に入りましたが、マー君は夜通し頑張るとのこと。


朝4時半頃起きて、状況を聞いてみると、1時過ぎに滝のような雨で一時避難したものの、頑張ってやっていたそうです。
釣果はというと、イサキ1匹!正真正銘のウリ坊サイズと小さいスミヤキ。
自分が釣っていないので、悔しさを込めて「ウリ坊1匹」。


以後、雨も時折強く、魚もさっぱりだったので、終了です。


結果、私は坊主!ですけど何か?イカは当然持ち帰りました。
マー君はウリ坊1匹。
以上。
4人グループに負けたことも悔しく、次は必ず釣ってみせます。


たかちゃんの釣り日記


永らく更新せず、申し訳ありませんでした。
2010年5月25日、久しぶりに釣りをしてきました。


実は、更新のなかった間、2度ほどゴロタにメジナを狙いに行きましたが、1度はフグのみ、もう1度はカンボー(完全坊主)だったため筆が進まず、密かに悔し涙を流していました。
涙を流したというのは冗談ですが、なぜかメジナには好かれないようで、もう何年も苦戦しています。
フカセ釣りはいろいろなことを考えたり、試したりして、おもしろい釣りです。
いつかこの日記でよい結果をご報告できること、期待していてください。

また、皆様の釣行に役立てばと思い始めたこの日記ですが、意外にも私がサラリーマンだったときの先輩や上司の方々がご覧になっていると聞き、うれしさと同時に励みともなり、今後さらに精進しなくてはと思っています。


さて、今回は、というか今回も初島です。
メンバーもいつも一緒のA氏・F氏・私の3人です。
メジナの情報はあったのですが、真鯛やイサキの情報がまったくないため、探りにいってきました。
船では初島周りで真鯛が釣れているとのこと。
考えた末、真鯛・アジを狙ってみよう!と出発です。

お天気はまずまずでしたが、風も波もあり、決して良い条件ではありません。
船で到着すると案の定、堤防先端には誰もいません。
ワイヤーの方にひとりだけいましたが、真鯛にしろイサキにしろ、何か釣れていれば人がもっといるはず。
いやーな予感が当たらなければよいのですが…

いざ釣座を構えてみると、風は吹いているものの、できないほどではなく、むしろ虫に食われなくて悪くない状態です。
波も思っていたほでもなくOKでしょう。
今回は朝・夕のマズメ勝負と踏んでいたので、珍しく初めから真面目にコマセをいれていきます。
2投目以降、ネンブツダイのオンパレード。
しかもウキに反応があったのではなく、巻いてくると付いている状態です。
ウキが入らないとおもしろくないですね。

何の釣果もなくマズメが過ぎていきました。
と、A氏のウキが入りました!
かなりの手応えらしく、たも網を準備します。
魚が近くまで来た時、メジナとわかりました。43僂箸覆なかのサイズです。
しかし、メジナは3人ともいらないとのことで、再び海へ帰って行きました。
感触は十分楽しめたと思います。

しばらくすると、今度は私のウキに反応があったのですが、小刻みに浮き沈みをした後ゆっくりと沈んでいったのでネンブツダイだと思い、ウキが浮いてくるのを待っていました。
??浮いてきません。
竿をたててみると良い手応えがあり、コツコツと何度かひいてきます。
先ほどのA氏のことがあったので、メジナだろうと思いながら、とりあえず近くまでゆっくり寄せて魚を見ると、なんと真鯛!
サイズは471.4圈糞△辰討てから測量)とまあまあでした。
時間は午後8時から8時半くらいでしょうか、いつのまにか風も波も穏やかで釣りがやりやすい状況でした。

9時半以降、時折パラパラ雨が降っていて、10時半頃には雨・風ともに強くなったため、釣りを中断し、早めの長い休憩をとることにしました。
私は午前3時半のアラームが鳴るまで爆睡していましたが、A氏とF氏はすでに釣りを始めていました。
聞くと、午前0時頃には雨が止み堤防に戻ったそうですが、風はかなり強く、相当やりにくかったとのこと。
私が爆睡している間、何とA氏はイサキを1匹ゲット!していました。
起こしてくれれば…とも思いましたが、私もかなり眠かったため、おそらく起きられなかったと思います。

午前4時、私も釣りに復帰し、勝負の朝マズメ。
が、あれだけ釣れていたネンブツダイをはじめスズメダイなどのエサ取りもポツラポツラしか釣れず、本命魚は気配もなし。
A氏がアイゴを2匹釣ったくらいでしたね。
以上、朝の釣りは書くことがありません。残念…また行きますよ!

私たちは釣りませんでしたが、アカイカ・タカベ・アオリイカが釣れているようです。

今回真鯛を釣った鈎は白スキン鈎です。
エサはアミコマセとオキアミブロックL小(\370)です。お試しください。



たかちゃんの釣り日記


前回の悪天候で釣りをした気がしなかったので、改めて仕切り直しです。

7月7日、数日前の雨の予報はいつの間にか変わり、当日は風が少々あるものの、絶好の釣り日和です。いつものメンバーA氏とF氏の3人で、熱海発17:20の船でいざ初島へ出発です。

到着すると南からの風が強いものの、前回の風に比べると屁みたいなもの。早速始めたところ、しばらくは常に魚がついてきます。ネンブツダイとスズメダイですけど…暗くなって、ようやくソレらしい当たりが。イサキです。小鯛も1匹釣れました。しかし、なかなか後が続かず時間ばかりが過ぎてゆきます。相変わらずネンブツダイとスズメダイは良く釣れますが、本命魚の釣果が伸びません。

みんなそれぞれ順番に食事休憩をとっていると、F氏に大物の当たりが!手前まできたところで軽くなったようで、バレたかと思ったら何かついています。ネンブツダイ?たもまで準備したのにネンブツダイの当たりだったの?良く見ると、魚の背中がかじられています。イカがいる!

早速A氏が仕掛けをチェンジしてイカ狙いに。一度当たりらしきものがありましたが、結局釣れませんでした。

その後私は食後の睡魔におそわれて、長い休憩に入りました。その間A氏とF氏は粘り強く続け、イサキを釣っていました。

夜が明けてきた頃、目覚めた私がぼーっとしていると、A氏に大物の当たりが!かなりの大物らしく、格闘しています。近くまで寄せたところで残念ながらバラしてしまいました。あげてみると、針が折れていました。何の魚だったんでしょうね?感触は横走りせずに底を這って浮いてこないそうなので、いわゆる青魚の類ではなさそうです。真鯛?イスズミ?

A氏が再び同じポイントに入れると、また同じ当たりが!今度は先程より更に慎重にやりとりしましたが、バラシてしまいました。針をみると針が伸びている状態でした。何なんだろう?姿をみてみたいですね。

目が覚めたので私も竿を出します。するとF氏に当たりが!A氏と同じような感触のようです。が、残念ながらバラしてしまいました。

しばらくすると時間切れ、終了です。

今回の釣果は3人でイサキ5匹、小鯛1匹。疲れました。ただ、バラシはしましたが、可能性を感じる今回の釣行でした。

ちなみに地元の漁師の方々はワラサ・イナダを釣っていました。堤防からも十分狙えるのでチャレンジしてください。

たかちゃんの釣り日記


約1年ぶりの釣行です。今回は初島の情報収集と新しいスキン針を試すことが目的です。

6月22日、天気予報はあまり良くなく、実際昼過ぎには土砂降りです。少々迷いもありましたが、この日を逃すと次はいつ行かれるかわからないので、いつもの釣り仲間A氏・F氏と3人で強行です。

熱海に到着すると風も弱く、雨もやんでいます。今後の予報が悪かったので、心配しながら17:20の船で出発です。熱海港で聞いた話では、先週4kgの真鯛が釣れたとか!がんばらなくては。

初島では南風強く、土砂降りのせいか堤防が洗ったかのようにきれいです。普段は釣り場に着くとまず水を汲んで掃除から始めるのですが、いつもこうであって欲しいと思います。
また、釣り人も誰もいないので、独占状態です。なので、最初はがんばってコマセを入れていくことから始めました。

30分ほどした、まだ明るい時間にA氏がイサキ2匹をゲット!ちょっとサイズが小さいですが、まずまずの立ち上がりです。
20時頃、ようやく私にもイサキがきました。まあまあの型です。そこから約30分の間に全員2〜3匹イサキをゲット!相変わらず南風は強いものの、思っていた以上に釣果が期待されます。

その後はポツリポツリイサキをゲットしました。そう言えば、サバとチャリコを見ていません。狙っていなくてもそれぞれ5匹くらいは釣れるのに、どこにいるのでしょう?

23時頃雨が降ってきました。程なくして風が西北西に変わると、立っていられないくらいの強い風になり、海も時化てきました。とても釣りどころではなくなったので、急いで避難です。

このような状態は朝まで続き、初島の漁師の方々も誰も船を出せません。熱海から船が来るのか心配になってきました。

7時頃海が少し落ち着いてきたようで、無事船はやってきました。ホッ。

さて、釣果ですが、3人でイサキ15匹でした。実質4〜5時間ではまずまずではないでしょうか。終始釣りができる状況でしたら、かなりの釣果があったと思います。

ところで、私たちが行った前日に遠投師さんが初島に釣行したので、情報を寄せていただきました。日中はイサキは出ず、メジナ・カワハギ等が釣れたそうです。また、夜釣りをした人たちはイサキを3人で10匹持っていたそうです。遠投師さん、ありがとうございました。

今回のもう1つの目的である、新しいスキン針ですが、特段大きな釣果があったわけではありませんが、食いは良好です。私は次回もこの針を使うつもりです。針はハヤブサのチヌ白ツイストパール3号です。2号でも良いのですが、食いこみが浅いように感じたので、3号をおススメします。


たかちゃんの釣り日記


今回の釣り日記、またまた初島です。
ただし、今回の主な狙いものは、イナダ・ワラサ・ヒラマサそして真鯛です。アカイカも準備していきました。

7月22日、いつもの釣り仲間、A氏・F氏とともに17:20熱海発の船でいざ出発です。
後で気がついたのですが、夏休みのシーズンは17:20熱海発の船が最終ではなく、18:30熱海発が最終となります。
天気は晴れ。南の風がやや強く吹いていましたが、堤防では後ろからの風になるので問題ありません。波はほとんどなく、風が時折止んだときには、水面は鏡のようでした。

まず最初に始めたのは、サビキです。イカのエサになる小アジやカマスを期待しましたが、まったく釣れません。堤防先端は釣り人が大勢いたので、ワイヤーの柵の方で釣りをやっていましたが、こちらにはサビキで釣れる魚はいないんでしょうかね?

早々とサビキを諦め、カゴ釣りの開始です。
伊豆城が崎方面でイサキがまだ釣れていると聞いていたので、ここ初島でもまだ釣れると思っていましたが、案の定、イサキはポツポツと釣れていました。前回釣ったイサキよりもややサイズアップしていて、お土産にはちょうど良い大きさです。
私は真鯛狙いでやっていましたが、前回のようにはいきませんでした。
我々3人イサキは釣りましたが、暗くなってからはサバとの格闘です。体力を消耗するくらいサバをたくさん釣りました。サバには申し訳ないのですが、はっきり言って邪魔でしたね。

夜も更けた頃、A氏・F氏はイカ釣りへ。しかし、イカの当たりはなく、魚らしき当たりがあるようです。一度大物の当たりがあったようですが、バラしてしまい、釣れたのは小さいスミヤキでした。アカイカはもう終わってしまったのか、結局今回イカの釣果は0でした。

サバで疲れてしまったので、朝の本命・イナダ等のために体力温存しなくてはと考え、私は長い休憩(睡眠)をいつもより早めにとりました。
この間、F氏は寝ずにがんばっていたのですが、釣果はイサキ2匹でした。

白々と夜が明けてきたので、道糸・仕掛をチェンジして、いよいよ今回のメイン・イナダ釣りの開始です。
ここでは一度もイナダを釣ったことがないため、タナは2ヒロから竿1本を探りながらやったのですが、当たりも全くありません。
ナブラは堤防周辺のあちこちで見られます。きびなごが水面にたくさんいて、追いかけられていました。何の魚が追いかけているのかは、はっきりとわかりませんが、見えたのはショウゴです。
時間はあっという間に過ぎ、帰りの時間が迫ってきました。最後の1投をして、置き竿したまま片づけをしているとA氏が「ウキがないよ」と教えてくれました。ついに来たか?と思いリールを巻くと、「軽い」。小鯛でした。
ここで終了です。

堤防先端でもイナダ等は釣れていないようでした。良型のイサキを持っている人はいました。
地元漁師の方はイナダを5匹持っていました。やはりいるんですね。
結果、3人でイサキ15匹、小鯛4匹でした。竿頭はF氏のイサキ8匹です。
イナダとはどうも縁がないんですよね。勉強したいと思います。

イナダのタックルは、磯竿4号530・スピニングリール5000番・道糸7号・タナは2ヒロ〜竿1本・ハリス4号5号半ヒロ〜1ヒロ・グレ針10号・エサはオキアミときびなごと小アジを使いました。


たかちゃんの釣り日記


第3回目の釣り日記も再び初島です。結構お気に入りの場所ってことですね。

いつものメンバーA氏・F氏と一緒に、イサキもイカの準備も万端!というところで、いつもの熱海発17:20の船でいざ出発!
状況について、7月1日火曜日の天気は晴れでときどき曇り。今年は初島へ行くと決めた日は、梅雨時にもかかわらず雨に降られません。誰が晴れ男なんでしょうね?風は熱海ではほとんど吹いていませんでしたが、初島では南または南東が少し吹いていました。波はまったくと言っていいほどなく、風が止むと水面は鏡でした。この状態では、釣りにはまったく影響なく、むしろ追い風で遠投しやすい上、虫にも刺されないので絶好の釣り日和です。

到着してみると、堤防の先端にはすでに5人いたので、迷うことなくワイヤーの方へ釣り座を構えました。
こちらの方は釣り人がいなかったのか少なかったのか、釣り始めは魚の気配が感じられず、まずコマセを入れて魚を寄せることを意識しながらスタートです。
しばらくするとまず私が小鯛を2尾ゲット!いつもは最初なかなか釣らない私が珍しく一番初めに魚を釣りました。とりあえずボウズ脱出するとホットしますよね。

午後8時ちょっと前、私に良い当たりが!サバかと思いリールを巻いていましたが、何かサバとは様子が違うと思い、A氏・F氏のアドバイスの元、時折道糸をおくったりしながら魚を寄せてくると、何と大きな真鯛!A氏が慎重にたも網ですくってくれました。その場で測ると体長60僉後で店に戻ったあと重さを量ると2.3圓任靴拭「ヤッター!」昨年当店のお客様が初島で70僂凌紳笋鯆爐蝓△海量椶燃稜Г呂靴討い泙靴燭、これだけ大きな真鯛を現場で見るのは初めてで、まして自分が釣るとは思っていませんでした。朝・夕は真鯛を狙うこともありますが、仕掛もイサキ仕様だったので、もちろん仲間もビックリです。



その後午後8時半頃、まずF氏がイサキをゲット!続いてA氏もイサキをゲット!私もイサキをゲット!以降深夜12時頃までに「入れ食い」は大袈裟ですが、釣れ続けていました。サイズがすべて小さいのが残念ですが、贅沢はいけません。

A氏とF氏は今回のサブメインであるアカイカ釣りへ。前回と比べると当たりが少ないようでしたが、F氏は良型のアカイカをゲットしていました。
深夜1時以降はイサキもイカも当たりがほとんどなくなり、私は眠ってしまいました。その間A氏・F氏はイサキを3,4匹ゲットしたそうです。
夜が明けてからは、当たりがまったくと言っていいほどなく、残念ながら何も釣れませんでした。この時間帯、もっと何か釣れてもよさそうなんですけどね。

結果、真鯛1匹、イサキ3人で28匹(自分が何匹釣ったか途中でわからなくなってしまいました)、アカイカ5ハイ、小鯛2匹(放流しました)でした。
今回、いつもはたくさん釣れるネンブツダイやサバはほとんど釣れませんでした。水が冷たいのでしょうか?
ここのイサキ釣りは、数が釣れてサイズも小さいので、そろそろ後半戦と思われます。朝・夕にはナブラがたっていましたが、ヒラマサがまわるそうです。狙ってみたいですね。地元漁師の方は漁船でイナダをとっていました。ヒラマサと併せて狙えるので、今後はヒラマサ・イナダ用の仕掛も忘れずに。

今回のタックルは、前回・前々回同様です。エサも道具も当店で揃いますよ。


たかちゃんの釣り日記


第2回目となる「たかちゃんの釣り日記」は、今回も初島のカゴ釣りです。

初島でのイサキ釣りは、例年ですと5,6月がピークで7月は徐々に釣れなくなっていく、という感じです。まだ楽しめますよ。

さて、6月24日火曜日運良く梅雨の晴れ間、前回同様A氏・F氏と3人で熱海発17:20の船に乗り出発!
当日、当店のお客様I氏とお連れ様の2名が先に行っていることがわかっていたので、堤防が混んでいると予想していました。しかし到着してみるとそのおふたりしかいなかったので、今回は堤防先端で釣行することにしました。FBCで独占ですね。

状況は南または西の風がやや強く、波も多少ありましたが、問題なく釣りができそうです。水は濁っています。
到着後I氏たちにごあいさつしていると、I氏たちが立て続けにイサキ3尾をゲット。しかも良型。いつもはのんびりと準備をする我々ですが、急いで準備をしてスタートです。
まだ日のある時間帯に私は小鯛をゲット。A氏・F氏はイサキを早くもゲット。暗くなってからようやく私もイサキをゲット。今回は早い段階で全員釣れたので、今までで一番いい感じです。

スタートは良かったものの、その後はポツリポツリ釣れる程度で、釣果が伸びません。
深夜11時頃、今回のもうひとつの釣りもの・アカイカを狙ってA氏・F氏はイカの多いワイヤーの方へ移動。1時間半で10パイ以上アカイカをゲットしました。すごいです。
私はというと、イサキの釣果がイマイチだったので、もう少し粘っていたところ、A氏・F氏がイカをやっている間にイサキを4尾ゲットしました。

2時以降私は2時間余り睡眠をとりましたが、その間A氏・F氏はカゴ釣りに復帰し、それぞれ4尾ゲットしていました。入れ食いになったときがあったそうです。私もがんばって続けていれば良かった…

夜も明けて4時半頃私もカゴ釣りに復帰しましたが、海の状況は一変し、向かい風となる北風がやや強く、波も高くなってきました。こうなるとここ初島は釣りがやりにくいだけではなく、魚も釣れなくなります。F氏に手ごたえのある当たりがきましたが、イサキや真鯛ではなく、メジナでした。
船が来るギリギリまでがんばりましたが、朝の釣果はほとんどありませんでしたね。

結果は、私の7尾を含め3人でイサキ20尾、小鯛2尾、アカイカ12ハイでした。なかなかの釣果でかなり楽しめましたよ。

今回のタックルは前回と同じです。エサはもちろん当店のオキアミMのブロック、コマセはアミです。イカ釣りはエサ巻エギを使用。


たかちゃんの釣り日記


記念すべき第1回目の釣り日記は初島へのカゴ釣りです。

初島へカゴ釣りに行くようになってから、はや7年くらいになりますが、ここは比較的人が少なくて釣りがやりやすいのと、遠くへ飛ばさなくても魚が釣れるので初心者でも楽しめるという点から、毎年5月から11月にかけてイサキ・真鯛・イナダ・ワラサ等を狙って数回通っています。実は今回、今年2回目の釣行です。

6月10日(火)天気は晴れ。釣り仲間のA氏・F氏・私の3人で、熱海発17:20の船に乗り出発!
事前情報によると、あまり釣れていないとのこと。
船の上では、イサキが釣れる目安(我々はそう信じています)となるトビウオを探して海を見つめていましたが、なかなか見つかりません。が、初島がだいぶ近くなったところでようやくトビウオを発見。「今日も釣れるぞ~」と期待を膨らましたところで、島の方を見てみると堤防に人が5人くらい見えます。「今日は混んでるかも」案の定、堤防に5人いたので、3人で相談した結果、堤防の先端ではなく、誰もいないワイヤーの柵のあるところで釣りをすることにしました。
先端に比べると、ワイヤーがある分少々投げにくく、大型の魚がヒットする確率が低いものの、イサキならこちらでも十分狙えるし、海に落ちる心配がないので、問題なしと判断しました。

風が後ろから少し吹いていましたが、波はなく良い状況です。
まず、A氏が夕方に小鯛を2尾ゲット。夜になり、F氏が本命イサキをゲット。続いてA氏も本命イサキをゲット。更にF氏が2尾目のイサキをゲット。私はと言うと小アジが1尾のみ。ほぼ夜中、まあまあ大きいサバがまわり、釣りは楽しめましたが、本命が来ないので焦ります。
深夜0時を過ぎ、はりを変えたり、タナを動かしたり、粘り強くやっていると、ようやく私にも本命イサキが。以後午前3時半くらいまでの間にポツリポツリと計4尾釣れました。
夜が明けてからは残念ながら何も釣れませんでした。午前5時頃に大物の当たりがあったのですが、ハリスを切られてバラシてしまいました。そういえばA氏も夕方に大物をバラシていました。何がかかったんでしょうね?
外道ですが、A氏がアカイカをゲットしました。釣れたネンブツダイにアカイカが食いつき、そのまま上がってきたんです。私にもかかったのですが、水面でバラシました。こんなこともあるんですね。
さて、結果は3人でイサキ7尾、小鯛3尾、アカイカ1パイでした。イマイチの釣果でしたが、なかなか楽しめたと思います。客船の船頭さんに言わせると、「よかったじゃない」とのこと。
次回に更なる期待を込めて、朝一番の初島発8:00の船で帰路につきました。

他の地域において、イサキは例年に比べると釣果があがっていないようですが、ここ初島は日中でも釣れています。アカイカが多いので、それを狙うのも良いのでは。また、タカベの魚影も濃いので、早朝から狙う人も多いです。

ちなみに、今回のタックルですが、磯竿の4号530、5000番のスピニングリール、道糸は5号、ウキ・カゴはFBCオリジナルのものです。明るい間はタナ竿2本、ハリス2.5号1ひろ半。暗い間はタナ竿1本半、ハリス3号1ひろ。はりはがまかつの「チヌ(太)スキン巻2号」が今回良いようでした。

初心者の方にもお勧めです。お試しください。
初島への渡船代は熱海-初島の往復で\2340。熱海港の駐車料金がおおよそ\2000です。(6/10現在)

login: - / NOT LOGIN
最終更新時間:2017年02月25日 14時32分52秒

カウンタ:

0020012